役に立つ資格を取得しよう!

IT職に関係する資格試験には様々な種類がありますが、フリーランスのデータマイニングエンジニアとして活躍したい人には、応用情報技術者試験とOSS-DB技術者認定試験がおすすめです。どちらの試験も難易度は高いものになりますが、これらの資格を持っているということで、少なくともそれだけの知識と技術を持ち合わせている人材であることを強くアピールできる材料になり、フリーランスとしての仕事が得やすくなる可能性があります。

応用情報技術者試験

応用情報技術者試験

IT職に就くのに資格が必要になることはあまりありませんが、資格があった方が明確に自分の能力を示すことができるので、就職や転職、フリーランスの案件獲得などにも有利に働くことが少なくありません。しかし、資格試験にも様々な種類があるので、自分の目指す仕事に求められている能力を満たせるだけの資格を取得しなければあまり意味を成しません。データマイニングエンジニアの場合、高度なIT知識と技術が必要になるので、国家資格の応用情報技術者試験がおすすめです。応用情報技術者試験の続きを読む

OSS-DB技術者認定試験

OSS-DB技術者認定試験

オープンソースデータベースに関する知識はデータマイニングエンジニアにとって欠かせないもので、複雑な知識を身に付けていくためには効率的に勉強していく必要があります。そこで、とても役立つのが専門性の高い資格試験です。オープンソースデータベースを扱う技術者におすすめなのが、「OSS-DB技術者認定試験」です。この試験には、SilverとGoldの2段階のレベルがありますが、Goldを受験するにはSilverの資格を取得していなければならないという条件があります。OSS-DB技術者認定試験の続きを読む

Recommended Post!

求められる技術的視点とビジネス的視点

データマイニングという仕事は、その名称からもデータ分析の仕事がメインになると考えられがちですが、実際はデータ分析というのは基本的なことで、それをどのようにビジネスに活かしていくかの手腕が重要視される仕事でもあります。そのため、膨大なデータを分析した結果をビジネスに運用するために、技術的な視点とビジネス的な視点が重要な要素になります。この2つの視点にからデータマイニングについて考えると、全体的な仕事のイメージを明確にしやすくなります。

データとの向き合い方

好調なビジネスの勢いをさらに加速させたり、経営不振を改善に導いたりと、データマイニングをすることによって様々なビジネスに多くのメリットをもたらすことができますが、その活用方法を間違えてしまうと全くと言ってもいいほど無意味な作業になってしまう可能性があります。この記事では、レストランの分析データ活用の失敗例を仮定して、間違ったデータの活用方法と本来あるべき活用方法についてわかりやすく解説しています。

データ活用の実例

ビッグデータが活用され始めてから、早い段階でその方法をビジネスに取り入れて成功した事例はいくつもあります。データマイニングは、業種や業界に関係なく活用の余地があり、実際に様々な分野で有効活用されています。プロ野球球団がデータマイニングによって観客を大幅に増やしたり、天気予報サイトが顧客から集めたデータを活用してサービスを向上させたりしていますが、過去の実例を見ることによって今後のデータ分析のヒントを得ることもできます。