スキルを身に付けてフリーランス

スキルを身に付けてフリーランス

LINEで送る
Pocket

データマイニングエンジニアの今後

ビジネスにITを駆使することが当たり前の時代にあって、ビッグデータの活用は今後新たなビジネスのあり方を提案できるアイディアの源となっていくことが期待されています。そのため、膨大なデータの収集、分析をしてビジネス運用するための提案ができるデータマイニングエンジニアの需要は、今後ますます増えていくことでしょう。2013年には、「データサイエンティスト協会」が発足し、まだ生まれて間もないこの職業に必要となるスキルや知識の定義を行い、積極的に人材育成活動を進めています。
しかし、全体的にデータマイニングエンジニアの数はまだ少なく、人材の需要に対して供給が追いついていないのが現状です。IT技術の進歩の早さには目を見張るものがありますが、今後はビッグデータの解析ソフトなど、今は人が行っているような作業ができるツールなどの開発も予想されます。しかし、どこまで技術が進歩しても人の手は必要で、システムが高度化すればそれを扱う人材に求められる能力も高度なものになっていくでしょう。また、活躍の場はビジネスシーンだけでなく、公共性の高い現場においても今後さらに需要が増していくと考えられています。流れの早い業界の仕事なので、データマイニングエンジニアが担うべき役割は今後も変化するかもしれず、まだまだ発展途上にある業種であることは間違いありませんが、だからこそ先駆者として今から始めたい仕事でもあります。

フリーランスとして働くには

データマイニングエンジニアとしての働き方には、フリーランスも選択肢に入れることができます。ビッグデータの活用の重要性は理解しつつも、まだ社内での導入が進んでいない企業も多いので、即戦力となるフリーランスのデータマイニングエンジニアは多くの企業が求めている人材でもあります。しかし、フリーランスにしてみると、仕事を任せてくれる企業を自分の力で探すのは大変で、個人で営業をして仕事を獲得するのはほぼ困難と言ってもいいほどです。
しかし、そのようなフリーランスにとって力強い味方となるのが、フリーランス専門の案件サイトです。IT職専門の求人サイトとして人気なのが、「ITプロパートナーズ」という案件紹介サイトです。会員登録は無料ですが、Facebookのアカウントがあれば簡単に登録を済ませることができて便利です。

「ITプロパートナーズ」は成長企業の高単価案件も多数あるIT系フリーランス専門エージェントで、専任のエージェントが希望にそった案件を紹介してくれます。

ITプロパートナーズ

ITプロパートナーズ

そして、もうひとつおすすめなのが、「レバテックフリーランス」です。

「レバテックフリーランス」は公開、非公開を合わせてかなりの数の案件を保有していて、紹介実績も豊富な安心のエージェントです。

レバテックフリーランス

レバテックフリーランス

Recommended Post!

求められる技術的視点とビジネス的視点

データマイニングという仕事は、その名称からもデータ分析の仕事がメインになると考えられがちですが、実際はデータ分析というのは基本的なことで、それをどのようにビジネスに活かしていくかの手腕が重要視される仕事でもあります。そのため、膨大なデータを分析した結果をビジネスに運用するために、技術的な視点とビジネス的な視点が重要な要素になります。この2つの視点にからデータマイニングについて考えると、全体的な仕事のイメージを明確にしやすくなります。

データとの向き合い方

好調なビジネスの勢いをさらに加速させたり、経営不振を改善に導いたりと、データマイニングをすることによって様々なビジネスに多くのメリットをもたらすことができますが、その活用方法を間違えてしまうと全くと言ってもいいほど無意味な作業になってしまう可能性があります。この記事では、レストランの分析データ活用の失敗例を仮定して、間違ったデータの活用方法と本来あるべき活用方法についてわかりやすく解説しています。

データ活用の実例

ビッグデータが活用され始めてから、早い段階でその方法をビジネスに取り入れて成功した事例はいくつもあります。データマイニングは、業種や業界に関係なく活用の余地があり、実際に様々な分野で有効活用されています。プロ野球球団がデータマイニングによって観客を大幅に増やしたり、天気予報サイトが顧客から集めたデータを活用してサービスを向上させたりしていますが、過去の実例を見ることによって今後のデータ分析のヒントを得ることもできます。