データ分析に力を入れている企業か

データ分析に力を入れている企業か

LINEで送る
Pocket

意識の高い企業に転職

どんな仕事においても、入社してから想像と違うと感じることは少なからずあるものですが、ひどい場合、当初言われていた仕事には関係ないことばかり求められて後悔してしまうということがあります。特に、データマイニングについて必要だとは感じていても、その役割の重要性を認識していない企業に転職してしまうと、やりたかった仕事が全然できないという事態になりかねません。いつかはフリーランスを考えている人も企業でデータマイニングエンジニアの仕事を経験しておくことは大きな武器になるので、できるだけデータマイニングに対する意識の高い企業で働くことが大切です。

データ分析についての企業の理解度を見極める

ビッグデータの活用という言葉は有名でも、そのことがビジネスにとってどれほどの利益をもたらす効果があるかについて、きちんとした理解が進んでいない企業が多いのも実態です。そのため、転職する企業を選ぶ際に、データマイニングについて企業がどの程度その重要性を認識していて、分析インフラを整えているのかを事前に知るのは大切なことです。
しかし、面接でそこまで踏み込んで聞くことも実際には難しいかもしれないので、その企業が求めているデータマイニングエンジニアの人材像を確かめるため、必要とされているスキルについて質問をして企業の本気度を確かめることがおすすめです。既に分析基盤環境は整っているかどうか聞くだけでも、その段階で動いている仕事なのか、これから力を入れようと考えているのかある程度想像することができるでしょう。本格的にデータマイニングの仕事に力を入れたいのであれば、事業規模が大きい方が手ごたえのある仕事ができるでしょう。

転職サイトを活用する

データマイニングエンジニアを募集している企業を探すなら、転職サイトの活用が欠かせません。データマイニングエンジニアを専門とする求人はありますが、エンジニアの仕事の中にデータマイニングも含むという求人も多いので、いろいろな求人を比較して、本当に自分のやりたいことができる企業を見つけ出したいものです。 おすすめなのは、IT職専門の求人サイト「IT転職ナビ」です。

「IT転職ナビ」はIT業界に特化した転職サイトで、経験浅めの人からベテラン向けまで様々な求人を取り扱っています。

IT転職ナビ

IT転職ナビ

もうひとつおすすめなのが、「データサイエンティスト転職ナビ」です。データマイニングエンジニアはデータサイエンティストとも呼ばれています。

「データサイエンティスト転職ナビ」はデータサイエンティストの求人に特化しているので、より具体的に条件を絞って求人を探すことができます。

データサイエンティスト転職ナビ

データサイエンティスト転職ナビ

どちらの求人サイトも専任の担当者からのサポートを受けることができるので、自分に合った仕事探しを効率的に行うことができるでしょう。

Recommended Post!

求められる技術的視点とビジネス的視点

データマイニングという仕事は、その名称からもデータ分析の仕事がメインになると考えられがちですが、実際はデータ分析というのは基本的なことで、それをどのようにビジネスに活かしていくかの手腕が重要視される仕事でもあります。そのため、膨大なデータを分析した結果をビジネスに運用するために、技術的な視点とビジネス的な視点が重要な要素になります。この2つの視点にからデータマイニングについて考えると、全体的な仕事のイメージを明確にしやすくなります。

データとの向き合い方

好調なビジネスの勢いをさらに加速させたり、経営不振を改善に導いたりと、データマイニングをすることによって様々なビジネスに多くのメリットをもたらすことができますが、その活用方法を間違えてしまうと全くと言ってもいいほど無意味な作業になってしまう可能性があります。この記事では、レストランの分析データ活用の失敗例を仮定して、間違ったデータの活用方法と本来あるべき活用方法についてわかりやすく解説しています。

データ活用の実例

ビッグデータが活用され始めてから、早い段階でその方法をビジネスに取り入れて成功した事例はいくつもあります。データマイニングは、業種や業界に関係なく活用の余地があり、実際に様々な分野で有効活用されています。プロ野球球団がデータマイニングによって観客を大幅に増やしたり、天気予報サイトが顧客から集めたデータを活用してサービスを向上させたりしていますが、過去の実例を見ることによって今後のデータ分析のヒントを得ることもできます。